月瀬の大杉

施設情報

所在地

日影平

昭和三年長野県指定、同十九年(一九四四)十一月十三日に国天然記念物に指定された月瀬の大杉は、樹高40メートル、幹廻り約14メートルに達し、日本第六位、長野県第一位の巨木である。樹齢は文部省調査による約一八〇〇年を採用している。

昔から虫歯に病む者が祈願すると霊験が著しく、また大事変がおこるときには前兆として大枝が折れると語り継がれている。旧月瀬村の産宮のご神木として古来から尊崇され、地区民の手で保護されて来た。

弘化元年(一八四四)の江戸城本丸消失の復興用材として、また、明治四一年(一九〇八)国の施策による村内神社統合の折り、大杉売却の決議がなされたが、月瀬区民六十戸の総結集により、当時の大金八〇〇円を無尽講を作り十数年にわたり積立てることによって難を逃れ、保存され現存に至っているのである。

平成二年以降、「大スギ公園」作りが、特定地域林業振興総対策事業として導入された。「観光に訪れる皆さんにゆっくりくつろいでほしい」との念願から、大スギ周辺にテニスコート・ゲイトボール場・トイレ棟・あずま屋などを設置し整備を進めている。

一方、老人クラブ員の草とり作業、全戸交代によるトイレ清掃などの奉仕活動が毎週行われている。

伝説「月瀬の大スギ」(方言)

杉のどでかいのといったら根羽村月瀬のことずらねえ、あんな杉の木は、日本中にもそうないいずらと、村のしゅうが、じまんしながら話してくれたんだに。

武田信玄公がなむ、このへんをお通りになったよりもなむ、まんだ前の千何百年も前からの木ずらっちゅうに。

それにふしぎなことになむ、村になにかかわったことがあるっちゅうとなむ。風もないのに、大きな枝がなむ、どさりっと落ちでくるんだってな。

いまから何年まいのことだったかなむ、村に悪い病がはやってなむ、大勢の人が死んだときもなむ、日清、日露の戦争のときもなむ、枝が折れたもんで、何かなけにゃあ、いいがっちゅっとったって。

それとなむ、むし歯のいたいときに、この木の下でなむ、「どうかむし歯をなおしておくなんしょ。」とたのむと、きっとなおしてくれるっちゅうことだに。

月瀬の大杉公園

このたび、矢作川を渡る吊り橋「根羽峡大橋」をはじめ、遊歩道が整備されより魅力的な環境が整いました。
四季を織りなす景観を是非ご覧下さい。

駐車場 普通車 14台
      観光バス 6台
      障害者用 1台
問い合わせ 根羽村役場 0265-49-2111